ヒレ長錦鯉ナイトモード

ヒレ長ちゃん達のひらひらをナイトモード(青色と、青赤と、赤を勝手にそう呼んでる)でぱしゃり。
うーん、神々しいまでにゴージャスです。
ドイツ系の品種に近い顔付きです。
クリックでちょっとだけ拡大できます。

🔽こちらはラベンダー系にオレンジのまだらな子で、大きい方。
IMG_1958.jpg

🔽こちらは黄みの強いゴールドで、上から見ると透き通った蜜柑色。小さい方。
IMG_1959.jpg

🔽横から見た感じ。これが上から見ると色の濃さが増すので、もっと濃く見えます。
IMG_1893.jpg


blog ranking 参加中
よければクリックしてね
⬇︎
ブログランキング・にほんブログ村へ

私の備蓄

⚠️私個人の観点から挙げた備蓄です。基本的にローリングストックを意識しています。
⚠️備蓄は平時にしておくことですが、止むを得ず買い出しに行く人を批判するものではありません。


絶対にいるもの
●モノ
卓上ガスコンロ
ガスボンベ(1週間から2週間、煮炊きや湯沸かしに耐えられる充分量)
スマホ充電地(3回くらい満充電にできる大容量タイプ)
普通の電池(自分の装備品に合うものを余分に)
ビニール袋(食器代り、汚物入れ、トイレ代り、水嚢として)
割り箸や紙コップ紙皿(ビニールを被せても良い。洗い物による水の消費を抑える、エコ不要)
カイロ(暖房が止まった時の命綱)
懐中電灯(高光量の安価なものがオススメ)
アルミヤカン、アルミ鍋(ガスの消費が少なく済む)
●飲食
水(一人毎日1ℓから2ℓ飲むとして、その1〜2週間分)
乾き物(クラッカーやクッキー、せんべい、カロリーメイト)
パスタ、ペンネ
加熱不要のパスタソース
缶詰(タンパク質)
青汁パウダー・野菜粒(ビタミン・食物繊維)
プロテイン(タンパク質)
ラムネなどの日持ちする糖分
ビタミンC・B・カルシウムミネラル類のサプリメント(免疫強化)

あれば助かるもの
固まるトイレ
ビニールシート(家の破損箇所を修復)
強い粘着テープ・画鋲
避難用リュック(常備薬は入れておく、大容量タイプ)
ソーラーパネルや大容量充電機(バイブリッド車でも代用可能)
LEDランタン(安価)


blog ranking 参加中
よければクリックしてね
⬇︎
ブログランキング・にほんブログ村へ

大きいコと小さいコ

金魚でも鯉でも、同じ歳で生まれた子がまとめて売られるのが一般的ですよね。
専門店などでは判りませんが、ホームセンターで売られる魚達は、同じ年代が多いと思います。
そこには大小混ざり合っていますし、選んでうちに来ても、やはり多少の差はあります。

よく餌やりの時に観察してみると、大きい子は、餌を見つける敏感さが違います。
そして、見つけたら必死に食らいつく、どんなに離れていても餌に向かってまっしぐら。
なんなら、餌を食べようとしてパクパクしている子の前を立ちふさがってでも横取りする。
それが大きさの理由です。

🔽空と下手紫(空はビビりながらも餌を落とされる瞬間に備えている)
IMG_1764.jpg

🔽ヒレナガ鯉の泳ぎ、真ん中の子が一番大きい。
IMG_1898.jpg

鯉の成長を調べていると、「トビ」という言葉が出てきました。
孵化してから自分の兄弟を食べまくって、異常に成長した個体のことを言うようです。
空は、下手紫が反応して食べようとしている餌も、遮ってでも横から奪いにきます。

いかに餌を多く食うか、消化吸収力、これに特化した子が大きくなります。

話は変わりますが、私は出来るだけ物が不足する前に生活用品を買うようにしております。
それによって物流が止まった際にしばらく食い繋げるから、その時点で足りない人に物資が回ることになるでしょう。
そういう非常事態に外を出歩きたくないという気持ちもあります。
人間には冷凍庫や食品庫がありますし、年中備蓄は切らさずに上手く活用してやっていきたいものです。
買いだめは人間の本能の一部の表出に過ぎず、必ず起こります。そして、感染症のテーマの今はスーパーなど、最も必要にして、人が集合する場でもあります。備蓄をするにしても1週間分まとめてやるなど、家を出る回数を減らすのが良いと思います。
私の備蓄は後日まとめてみようかと思います。まだ揃っていないものもあるので、自戒も込めて。


blog ranking 参加中
よければクリックしてね
⬇︎
ブログランキング・にほんブログ村へ

照明と苔

先日、弓丸と暮波の水槽(お魚飼育セットのSサイズを、縦長に並べている)のために30㎝以上の照明を探していて、下の照明を買いました。
同じようなものの中ではとても安かった。
それなりにレヴューも良かったのですが、私が買った時はamazon choiceではなかったのではないかな?いつからだろう? 


しばらく使用した感じをレヴューします。

🔽色味の単純比較ですが、GEXエコリオ(上)と新照明(下)です。
IMG_1584.jpg
IMG_1868.jpg

これを見れば明らかですが、全色照明オンの状態で、色の差があります。
エコリオは白・赤・青の照明が独立していますが、この照明は白赤青・赤青の2種類のスイッチしかありません。
つまり、赤青が必要ない方や、赤か青だけを使いたいなどのリクエストには答えられないようになっています。
植物育成用水槽には必要な赤波長ですが、生体メインの場合はむしろ苔を発生させるデメリットになるかもしれません。

購入して、16日使用した現在の様子です。

🔽水槽2本を跨ぐ形で使用。
IMG_1727.jpg
IMG_1730.jpg

苔がすごいことになっています。
本水槽(GEXエコリオ)では茶ゴケが生える程度で、アナカリスやカボンバもよく育っています。
しかし、こちらは苔すらもすごい勢いで生育するため、アナカリスやカボンバの表面にも苔が生えています。
水換え頻度など水槽環境に大した差はないので、光の差によるものと考えられます。
光量が強い上に植物育成波長もオフにできないため、こういうことになっています。

生体メイン水槽に追加で買う照明はエコリオ程度の光量がいいかもしれません。
はっきり言ってずっと水槽を見続けるのがしんどいです。
水面に反射した光の粒が目に直撃するし、ちょっと長時間観察するには明るすぎる。


blog ranking 参加中
よければクリックしてね
⬇︎
ブログランキング・にほんブログ村へ

紅葉の本葉

塗ったような双葉から、透き通った本葉が出て来ます。
秋口の紅葉を彷彿とさせる、イロハモミジの葉の繊細さをすでに備えています。

まさに子供と大人、稚気と色気、コントラストがたまらない。

ミニチュアの盆栽鉢に植え替え、もう少し大きくなったらワイヤーで枝を矯正してみます。
折れそうで怖いと毎年断念していましたが、今年こそは、、、!

IMG_1853.jpg

薔薇とぷちまる金柑には置肥を巻いて来たし、これからの成長期にガンガン大きくなってほしいです。


blog ranking 参加中
よければクリックしてね
⬇︎
ブログランキング・にほんブログ村へ